• BTS 歌詞和訳
  • BTSの思い(テレパシー)を伝えることを優先に活動しています。細かい修正を随時行います。歌詞(ハングル等)は著作権の侵害になるため、和訳のみになります。よろしくお願いします。

BTS『Blood Swat&Tears』(血、汗、涙)歌詞和訳&日本語Verとの違い

2016/10/10公開

『Blood Swat&Tears:血、汗、涙』

 

僕の血、汗、涙、

僕の最後のダンスを

全部持っていって、いって

 

僕の血、汗、涙、

僕の冷たい息を

全部持っていって、いって

 

僕の血、汗、涙

僕の血、汗、涙も

 

僕の体、心、魂も

君のものだと

よく知っている

これは僕を

罰を受けるようにする呪文

 

血色がよくスベスベした

甘い以上に甘いよ

喪失した頬

喪失した翼

でもその羽根は

悪魔みたい

逆に甘いより苦い、苦い

 

僕にキスして

痛くてもいい

さあ僕を締め付けて

これ以上痛くならないように

ベイビー、酔ってもいいよ

喉の奥ふかくに飲み干すよ

首の奥深くに広いウイスキー

 

僕の血、汗、涙、

僕の最後のダンスを

全部持っていって、いって

 

僕の血、汗、涙、

僕の冷たい息を

全部持っていって、いって

 

欲しい、もっと

もっともっともっと

欲しい、もっと

もっともっともっと

欲しい、もっと

もっともっともっと

欲しい、もっと

もっともっともっと

 

痛くてもいい

僕を縛ってくれ

僕が逃げられないように (シッ)

ぎゅっと握って

僕を揺らして

僕が正気を取り戻さないように

 

唇にキスをして、唇に

二人だけの秘密

君という監獄で

中毒になって深く

君じゃない他の人に

仕えない

わかっていながら

飲み込んだ毒入りの聖杯

毒入りの聖杯

 

僕の血、汗、涙、

僕の最後のダンスを

全部持っていって、いって

 

僕の血、汗、涙、

僕の冷たい息を

全部持っていって、いって

 

欲しい、もっと

もっともっともっと

欲しい、もっと

もっともっともっと

欲しい、もっと

もっともっともっと

欲しい、もっと

もっともっともっと

 

僕をやさしく殺してくれ

君の手で目を閉じさせてくれ

どうせ拒否することさえできない

もう逃げることさえない

君がとても甘い

とても甘い、とても甘い

 

僕の血、汗、涙

僕の血、汗、涙

日本語Ver

2017/05/10公開

『血、汗、涙』

 

血、汗、涙

捧げる今も

溢れる ただただ…

 

血、汗、涙

この想いが

溢れる ただただ…

 

血、汗、涙

 

この 血、汗、涙と

昨日、今日、明日も

すべて君のものだと

知ってるさそんな事など

 

血色がよくスベスベした

甘い以上に甘いよ

喪失した頬

喪失した翼

でもその羽根は

悪魔みたい

逆に甘いより苦い、苦い

 

僕にキスして

苦しくてもいいからもう

いっそ締め付けてくれ

ベイビー

酔うと知っていても君を飲む

君は危険なウイスキー

 

血、汗、涙

捧げる今も

溢れる ただただ…

 

血、汗、涙

この想いが

溢れる ただただ…

 

欲しい、もっと

もっともっともっと

 

苦しくていいから

二度と離さぬよう

縛り付けて欲しいただ

おかしくなるほど

 

唇にキスをして、唇に

二人の秘密

捕まるよう

毒される君に

君以外じゃもう

従いきれない

わかっていながら

自ら飲む

毒入りの聖杯

 

血、汗、涙

捧げる今も

溢れる ただただ…

 

血、汗、涙

この想いが

溢れる ただただ…

 

欲しい、もっと

もっともっともっと

 

そっと今伝えて

終わらせてその手で

どうせ無理なんて言えないよ

逃げる事もできないもう

君が甘すぎて

甘すぎて、甘すぎて

もう…

 

血、汗、涙…

血、汗、涙…

備考&考察

●Peaches and cream→素晴らしい、血色がよくスベスベした

●Chocolate→(スラング)喪失した、古くなった

(考察)Peaches and cream⇔Chocolate→闇に犠牲になった子供たちを表現、スベスベした肌を悪魔から取られる、天使の羽が悪魔の羽になっている(まとめ)この歌詞は、僕の全てで子供たちを守るという決意の歌詞、キスは子供たちへの忠誠心

▽MV考察はこちらから

2019/12/24公開

2016/10/18公開

2016/10/24公開

2016/10/12公開

『BE』→『WINGS』アルバム全曲一覧(和訳&考察)

⇩バンタンのテレパシーはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。