BTS V『Singularity』(特異性)和訳

2018/05/07公開

『Singularity:特異性』

 

何か壊れる音

僕はふと「目覚める」

不慣れでいっぱいの音

耳を塞いでみるけど、寝つけない

喉がしきりに痛くなる

包み隠そうとしてみるけれど

僕には声がない

 

今日も その 声を 聞く

また響いてるその音が

凍りついた湖にまたひびが入る

その湖に僕が僕を捨てたじゃないか

僕の声を君のために埋めたじゃないか

僕を捨てた冬の湖の上へ

 

厚い氷が凍ったんだ

しばらく入っていた夢の中でも

僕を苦しめる幻想痛は相変わらずだ

僕は僕を失ったのか

それとも君を失ったのか

僕はふと湖に 駆けつける

その中に僕の顔があった

 

お願い、何も言わないで

口を塞ごうと手を伸ばしてみるけど

結局はいつかは、「春」が来る

氷は溶け落ちて流れて行く

 

僕に教えて

僕の声が偽物なら

僕を捨てるのか

やめるべきではなかったのか

僕に教えて

苦痛さえ偽物なら

あの時僕が何をすればよかったのか

2018/12/29公開

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。